エイプリルフール

ネットを見てもあまり話題にならないんですが、今日はエイプリルフールなんですよね。

毎年盛り上がる日なんですが、やっぱり新元号の話題性には敵わないか。あ、『令和』だそうで。いい元号に決まりました。語感もですが、万葉集からとったというのも良い。国書ですし、読み人知らずも含め、社会の各階層からの歌集ですから。古今なんかだと支配階級とか知識階級とかいちゃもんつけてくる業界もあるでしょうし。

 

まあ、『令和』と聞いて、すぐさま『令(れい)』君と『和(なごみ)』さんという母子を思いついたのは内緒です。ええ、しませんよ。恐れ多い。さすがに怒られる。

 

あと九十八夜で一つ勘違いをしておりまして、元号発表は今日ですが、施行は5月1日からなんですね。

前作の『いんいん』が平成最後と思っていたんですが、おそらく、あと二冊出せます。

 

予定ではまず初心なお母さんの『うぶうぶ』。今からラストですので、明日か明後日には上梓できそう。

その後は『れんかさんち』が牡牝二冊

これはツイッターのDMで支持者と状況をだべっていた時に、恋歌が『うち(恋歌作品)は母子恋愛』と書いたら、相手様が「え? うち(恋歌の家)では本当に……」と誤解した事で浮かんだアイデアです。

ちなみに恋歌の私生活はそんなに幸せじゃありません。もしそうなら小説なんか書くものか。ダブルベッドに引きこもって、三百六十五日愛の時間を過ごしますよ。まったく。

 

こほん……ツイッターとかメールとかを募集していますが、意外とこんなのから新作のアイデアが出るんですよね。六月はメールでの希望のジェーンブライドを書きますし。結婚ネタは以前からご希望が多かったですし。

 

さあ、百夜物語も残り五十夜を切りました。ご希望のお話、嗜好のキャラを書かせてみたい方は是非、メールなりツイッターのDMでお申し出ください。アイデアにつながったら、作品となりますよ。

 

……で、上記の内容と夜名の『エイプリルフール』とがつながらない? いえいえ、つながっています。さらりと予告を書いていますが、まだほぼ未着手。完成しなかったら「エイプリルフールでした!」と逃げる手で。

第九十九夜

2019年04月01日