2018年 売り上げ

2018年の売り上げは2017年のほぼ2倍弱でしたね。隔週刊が定着してきたおかげでしょうか。

月別で言えば500~900冊の間でしょうか。販売は実数ですが、読み放題の方は読まれたページ数を各作品のページで割って計算しておりますから、実際に読んで頂けた方はもうちょっと増えるでしょうけれど。

新刊に関しては購入の方が主で、過去作品についいては読み放題の方が多いという感じです。これをどう分析するかですが、まあ、固定支持者の方は出る都度、きっちりご購入頂き、一般読者は好きに過去作品をつまみ食いしているーーでしょうか。いずれにせよ無理ない購読ですね。

最初から全部持っておられれば、読み放題より逐一購入なされた方が安くつきますし、途中からご興味を持っていただけた皆様には読み放題(月980円)の方が絶対お得ですもの。


売り上げはだいたい月にして4~8万ですね。決して右肩上がりではなく、ここら辺でぷらぷらしています。恋歌は一時間二千字書きますので、だいたい70ページ以下の作品なら15時間。100ページ程度で25時間ほど使いますから、時給で言えば1000円から2000円弱くらいでしょうか。うん、国の最低賃金はクリアしているな。コンビニのバイトよりはお得でしょう。

 

ただ、月売り1000冊・10万円にはなかなか到達しません。これくらいになれば他人にも勧められるとしての目標なのですが、悪く言えば今は目標手前で頭打ちですね。やれやれ。前の月より下がるとへこみます。いやあ、仕事じゃないんだから、ストレスになっても困るんですが、ガラスダイヤのハートですので←強いんかい?弱いんかい!

 

作品の項目でも書きましたが、別キャラを出すと一気に読み放題が減る(途中で放り出される)とか、続編は食いつきが悪い(前作に納得いかない人はなかなか手を出さない)とか、やってはいけない・考えてやれ傾向はわかってきました。検討させていただきます。

まあ、それをタブーにして手を引くか、そういう傾向を突破できる何らかのアイデアを出すか等々対策は無限ですけどね。 

 九十六世

 

 

 

2019年01月14日