ちょっと自慢

Amazonの電子書籍販売において重要なポイントの一つが『読み放題』です。良くも悪くも。

良い面としてはこれで電子書籍の敷居が低くなった。
本屋さんでペラペラとベージめくって中身をざっと確認するというのが、電子書籍は出来ません。表紙と粗筋紹介だけで、買うかどうか決めなくてはならない。
外れた場合は返品も可能ですが、日本人はしにくいでしょう。どうしても購入だけなら慎重にならざるを得ず、意欲も鈍る傾向になる。

そこで『読み放題』です。
これなら毎月980円払うだけでいい。読書好きなら1日分の本代くらいです。それで何百万冊が読める。嫌なら途中で止めればいい。

まあ、悪い面もあるけどねえ。

このサービスによって電子書籍のお客様はさぞ増えたでしょう。先日、漫画において電子書籍の売上が紙の印刷本を抜いたと言うニュースがありましたが、さもありなん。

それにこれは電子書籍が増えた以上に紙の書籍が減ったからだそうで、時代がかわりました。今後もこの傾向は続くでしょう。再逆転する要素が思い付きませんもの。

うん、同人活動を電子書籍のみで展開するうちの方針は正しかった!

と自画自賛したところで次回作ですが、週末迄にはなんとかします。したいです。できるといいな!
テーマは『女は競ってこそ花!』
Wヒロインは久しぶりですね。

宣伝です。こぉんなジョークを・・・   七十二世

2018年03月02日