新刊雑記 一人?

第二十四夜 『母盛り 弐』を上梓致しました。ご笑納下さいませ。

『母盛り』は壱があります。本作は設定と黒幕(笑)は同じですが、ヒロインは新人です。
テーマは『乙女』かな?

最近の研究では、母性本能はともかく父性は疑う傾向のがあります。動物も雄は子供の世話をしないのが、主流だそうで。

人間は脳が高度なせいもあって、赤ちゃんは能力的にはかなり未熟な状態で産まれます。ちゃんと立って自分で食事をとれるまでだけでも数年かかり、一人前になるには十年以上。

だから育児も大変かつ長期間になるので、親も母だけではなく、父親の生活への協力が必要だったんでしょう。家族化の理由ですね。通い婚のように父親が同居しない場合は、母親の兄弟が保護者・協力者の位置づけになって機能します。

でも、技術の進歩と経済的豊かさが十分だったら? 育児は一人でも可能になりますよね? 実際、シングルでちゃんと子育てなさっている方はたくさんおられます。

じゃあ、男要らないじゃん? と思い付いたのが、このシリーズのモトネタでした。
NTRネタが嫌いな恋歌としては、父親を設定しなくていいのは気に入ってますし、お母さんが乙女というとんでもない設定も出来ますし…

という感じです。お楽しみ下さい。 七十一世


2018年02月20日