近親相姦って 法律編

では近親相姦は法律ではどんな扱いでしょうか?

まず日本ですが、実は違法ではありません。刑法でも民法でも規定されてないんです。
近親者同士で子供を産むのもおとがめ無し。これ本当。

ただ婚姻は出来ません。ここには親等の規定があって近親者同士ははねられます。罰則はありませんが、申請しても無視される。上記の子供も母親つきの非嫡出子扱いになったはず。

外国ですと、有罪となる国は結構あります。たいていは別れるようプログラムがあり、それでも改心しないと懲役というパターンですかね。
懲役刑くらって出所してからも、また舞い戻って近親愛再開してーという悲劇もあるようです。

もともとユダヤーキリストーイスラムの砂漠発一神教は愛やセックスに口出しが多い。昔はセックスの体位ややり方まで規制してまして、一夜の情事で、「後ろからしたから○年」、「口を使ったから○年」とどんどん加算されて、何十年も懲役くらったという笑えない実話もあるそうですから。

アジアも儒教の強いとこは否定的ですね。従兄弟再従兄弟どころか同族までダメとかあります。

中にはかっての日本のように、妻が亡くなったら夫は妻の姉妹と、夫が亡くなったら妻は夫の兄弟と再婚するとか、一夫多妻で夫が亡くなったら、跡を継いだ息子が実母以外全部を妻とする遊牧民とかありますけれど。

……官能小説の人気ジャンルには「兄嫁」とか「義母」とかありますが、これが普通だった時代もあったのですよ。ならぬ関係の兄嫁とか義母を自分のものにする為に殺人事件とかで一作書けますね。

アメリカは州単位で法律が違いますが、「成人同士の合意による性交渉は妨げない」を採用している州があります。
『睡蓮亭』にも書きましたが、ミシガンやニュージャージーあたりがそうで、主な理由は同性愛の寛容でしょうが、ついでに近親愛もOK。
実際、昨年にも近親愛の実母子が移住を希望しているのがニュースになりました。『睡蓮亭』みたいなコミュニティが実際ありそうでわくわくします。

こうして並べてみると色々ありますね。
慣習や常識でタブーとするのとは違い、法で制限する裁くとすると「根拠」というものが必要となります。
それが宗教である国は明確に否定出来ますが、日本みたいに宗教的にゆるやかだと、まあ黙認という形になるのでしょう。

そしてアメリカのように多民族国家で宗教もどれかに偏れないケースで、じゃあなんで悪いの? と理屈探しをしていくと、やっぱり明確な答えが出なかったのではないでしょうか。おそらく本ブログの現状編みたいになって。 八世

2017年01月18日