母韻Ⅱ

第十七夜 『女母』 好調です。ありがとうございます。

本作は前作のように、Amazonの売上の上位百番台に斬り込むーーと言う事はなく、千番台で うろうろ と言う、出だしの割りにはあれれでしたが、売上部数は良くて、今夜にも百部にいきそうです。

これはかって無かった事で、前の他作品だと百部いくのに1ヶ月近くが普通でした。

ネタが良かったのか、読みやすかったのか、草食系お母さんをぬっとりと味わうのが良かったのか……やっぱり『母』の一文字が強かったのか。

ママンスキーですねえ。皆様、

と言うところで、この皆様の嗜好性に応えるべく、次作『牝母』 頑張っております。
今日はモバイルの調子が悪くて書けませんでしたが、文章も過半は出来てますし、ストーリーは脳内では最後まで完成しています。
週末には何とかなるでしょう。これでもか! と言うくらいの甘い噛み具合、濃いお味を御期待下さい。

宣伝でした。風に流されて。  五十八世

2017年11月13日