8月 9994

令和最初の八月終わりました。お暑うございました。処によっては大雨・台風大変でした。迷惑被られた方々にはお見舞い申し上げます。

 

さて、前のブログでも触れましたが、恋歌んちも令和に入ってから趣を変えまして、エロがメインからドラマを半分くらいにするようになりました。読み応えはいかがでしょうか?

その傾向からこの夏は『母盛り』の相思相愛で前後作。『夏休み』で七月・八月作。しかもキャラが絡み合っているというのをしてみました。どうでしたかね?

 

売上はいつも通りでしたが、いただいた感想では「恋愛小説ですね」というのがあって、ああ、成程と書いた恋歌の方が感心しました。そうですね。この路線だとえろっちくな恋愛小説になりますねえ。

 

感想では概ね好評でしたし、そもそも既存の作品及び私生活で「色気がない!」と言われた反発で挑戦していた母子相姦作品ですから、ぐるっと回って何とか目的には達したのかな? と。

 

いや、感想いただいていない方の思いはわかりませんから、まだまだのぼせてはいませんが。

 

売り上げも八月はぼちぼちでした。微増傾向かな? 新作毎の売り上げは頭打ちなんですが、出るとすぐ一定数ははける。旧作の読み放題のページ数も安定というのから推測すると、決まった読者がこまめにフォローして楽しんでいただいている感じですね。

 

正直、数はもっと欲しいのですが、固定の方々に継続して評価されている作品を書けているのは励みになります。恋歌んちも言わばメーカーですから、まずは商品の質の向上ですから。

 

あ、後、珍事としてこのブログの題名「9994」ですが、これは一日の読み放題の最高記録です。8/31に達成しました!

 

……あと6で大台じゃないかと思わんでもないのですが、まあ、そこは置いといて、とにかく一日に9994ページも恋歌作品が読まれた!という事ですよ。すごいでしょ? 感動するでしょ? 恋歌はしましたもの。当然です!

 

嬉しい。素直に嬉しい。読み放題ですから、この日の実数です。9994ページと言えば恋歌作品なら約百冊以上。日本だけでここまで読んで頂けるとは……皆さん、お暇なのね? じゃなかったありがとう!

あ、今はその感動を胸に『誘い母』を書いています。やっとお母さんの息子痴漢が終わった処で、今週明けかなあ。出せるのは。

 

宣伝だよね? もっちろんでございますわぁっ!

 

百七世

 

 

 

2019年09月02日